登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

藤沢市の不動産のことならセンチュリー21富士ハウジング

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

江の島散策のおすすめスポット

2018-09-05

江の島岩屋洞窟、稚児ヶ淵をゆっくり楽しむなら『べんてん丸』がおすすめ!

江ノ島の「遊覧船べんてん丸」はご存知ですか?
この遊覧船「べんてん丸」は、弁天橋の袂にある乗り場より、稚児ヶ淵付近の「遊覧船べんてん丸 乗り場」までの遊覧船です。
歩いていくとかなり体力を使ってしまう江ノ島の反対側までを、楽々移動が出来てしまう!と言う便利な乗り物です。
「べんてん丸」は通常7〜8分ほどで到着地まで、のんびりと移動してくれます。
「今回は、江の島岩屋洞窟、稚児ヶ淵をじっくり見たいな~」という時は、時間的や体力的に効率よく巡る事の出来る便利な「べんてん丸」がオススメです。


<遊覧船べんてん丸 乗り場(弁天橋側←→江ノ島側)>

運行期間:天気や海の状況が安定していれば、季節・曜日は関係無しに営業
利用時間:午前10時半〜午後4時頃(天候次第で運航中止もあります)
運行料金:片道400円
お問合せ:片瀬江の島観光案内所 0466-24-4141


神奈川の景勝50選の夕焼けを見れるのは『稚児ヶ淵』

稚児ヶ淵に着いて景色を望むと「かながわの景勝50選」に選ばれる理由が理解できます。
そう断言できるほどに、とても絶景を感じる事が出来る場所です。
昼間も良いですが、特に夕方からがオススメで、ここから見える夕日は言葉に出来ないほど綺麗なのです。
打ち付ける波の浸食によりゴツゴツとした荒い大地と、遠くに見える富士山、そして彼方の山が赤く夕日に染まる様は、例えようのない位にとても綺麗です。
ふと「またあの夕日を見たいな♪」と再度訪れてしまう様な景観を持っています。


『江の島岩屋洞窟』で運試し?

この「江の島岩屋洞窟」は富士山の噴火で出来た穴と言われております。
そして富士山近辺にある「富岳氷穴」まで繋がっていると言う『伝説』があるとの事ですが、繋がっているのかどうかは不明です。
「江の島岩屋洞窟」は、「第一岩屋」と「第二岩屋」の二つあり、そのうちの「第一岩屋」は奥に進んでいくと途中二股に分かれています。
そこを左側に向かった先に「伝説」の場所はあります。
先に続く洞窟はあるのだけど、ここで行き止まりにされています。
こっそり先に進みたくなってしまいますが、絶対に先には進まないでくださいね!
「第一岩屋」を出て「第二岩屋」へ向かう通路は、清々しい海風を身体に感じながら歩いて行く事が出来ます。
「第二岩屋」の奥には「龍の像」があり、傍に「岩屋龍神の雷太鼓」が置いてあります。
この太鼓は心の中で願い事を強く願いながら、ゆっくりと2度叩きます。
この太鼓を叩く事で「願いの成否」を占う事が出来ます。
飾られた龍の像が2回とも光った時は成就。
1回の時は半成就。
叩いてみても光らない場合は…他力本願じゃなく自力で頑張りましょう!


『恋人の丘「龍恋の鐘」』に誓った想い

デートで江ノ島に来たのならば絶対に忘れてはいけないスポットです。
恋人の丘「龍恋の鐘」には恋人が毎日のように数多く訪れるスポットで、「二人の心の繋がりを今よりも深く」「もっと固い絆で結ばれたい」等と言う想いを持参で訪れてきます。
「龍恋の鐘」への入り口には、「恋人の丘 鍵あります」と南京錠が売っています。
そのカギを買って進んでいくと見えてくる「龍恋の鐘」を想いを込めて鳴らした後に、2人の名前を書いた南京錠を金網にかける事で『永遠の愛を叶えてくれる』という言い伝えです。
カップルの方はぜひ、恋人の丘へ行ってみてくださいね。


フッター