登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

藤沢市の不動産のことならセンチュリー21富士ハウジング

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

住宅ローンの賢い組み方

2018-08-31

住宅ローンについて

家を購入する事は、多くの人が持っている夢の一つで、とても大きな買い物です。
現金で購入出来れば良いのですが、住宅を購入する人の殆どが住宅ローンを使用しています。
夢のマイホームを住宅ローンを使用して購入すれば、毎月の返済で気軽さもありますが、種類がたくさんあるので、組み方に注意して利用する事が肝要です。
住宅ローンは住宅を購入するときにしか使用しないので、多くの人が経験がなく住宅ローンについて知らないことが多いでしょう。
住宅ローンは組み方次第では、支払うお金が百万単位で変わってくるのでとても大事なのです。


住宅ローンの種類について

住宅ローンを組もうと思っても、そう簡単にはいかないものです。
住宅ローン金利タイプには種類があり、

〇変動金利
〇固定金利
〇オーソドック があります。

人気が高いのは変動金利です。
年に2回金利の見直しが行われる住宅ローン商品で、低金利では有利に支払いが出来るメリットがあります。
金利が上昇すれば、返済額が膨らんでしまうデメリットがあるので、返済計画の見直しが必要になります。
返済期間中、金利が変わらない住宅ローンを固定金利と言います。
金利が変わらないので、返済計画が立てやすいというメリットがありますが、変動金利と比較すると当初の金利が高くなるデメリットがあります。
一定期間金利を固定する固定金利特約や変動金利と固定金利を合わせたミックス金利、預金部分には金利が発生しない預金連動型など様々の種類があります。
基本的には、変動金利と固定金利から選ぶ事が多く、あまりミックス金利などは利用する人も少ないです。
住宅ローンを組む上でどの金利を選択するかはとても大事ですが、どの金利が良いかはそれぞれの好みやライフスタイルにもよって異なります。
金利については、不動産業者と使用する銀行とよく相談して決めると良いですよ。


必須な住宅ローンの計算

候補となる住宅ローンが決まったあとには、資料請求や返済額の試算などをしてしっかりとした返済の計画をシミュレーションしておくと良いです。
具体的に返済計画をイメージしたい人は、金融機関が提供しているシミュレーションツールなどもあるので、利用してみると良いですね。
住宅ローンの支払いは毎月ですし、年に二回とは言え、変動金利では変わる事もあり得るので、シミュレーションはしておくべきポイントと言えますね。
住宅ローンの計算のシミュレーションは、単純な金額を比較するだけでもイメージし易くなります。
併せて、住宅ローンが持つ商品特性も考慮するとなお良いと言えます。


フッター