登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

藤沢市の不動産のことならセンチュリー21富士ハウジング

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

建売住宅と注文住宅の違いについて

2018-09-05

建売住宅と注文住宅

夢のマイホームを目標にしている人は多いと思いますが、住宅の購入を検討する際には、建売住宅と注文住宅に分けられます。
建売住宅は、建ててから販売するので、仕様を確認する事が出来ますが、注文住宅は、依頼をしてから施工するので好みに合わせて住宅を建てる事が出来ます。
名前通りなので、知っている人も多いと思いますが、住宅を検討している場合にはより深く違いについて理解しておく必要があります。
今回は、その違いについてお話していきます。


土地についての違い

建売住宅の場合には、立地が良い物件が出やすい特徴があります。
基本的に建売住宅は、不動産業者が土地を仕入れてから家を建てるので、立地が良い建売住宅になる事が多いのです。
広すぎて個人では取り扱えない大きさでも区割りをして建売住宅を建てる事が出来るので、不動産市場に出てこない土地でも家を建てる事が出来るという事です。
注文住宅を検討している場合には、土地は自身で見つける必要があります。
不動産業者に依頼して紹介してもらう事も出来ますが、自身で土地を選定しておく必要もあるので、知識も必要になります。
注文住宅の土地選びのおすすめは、希望するエリアを実際に歩いて土地を探す事です。
ロープで囲われた土地は比較的簡単に見つかると思いますし、殆どが業者の看板が貼ってあります。
気になる土地を見つけた場合、看板などがあれば一度問い合わせしてみる事が良いですね。
建売住宅では土地を探す必要はないですが、注文住宅は土地探しから始める事が大事になるので、建物の知識以外にも土地の知識も必要になりますよ。


建物の価格について

建売住宅は注文住宅に比べると少ない予算で家を手に入れる事が出来ます。
何故建売住宅の方が安いかというと、注文住宅だと必須の間取りや仕様の打ち合わせが建売住宅の場合はなく、人件費や材料費も抑えることができるからです。
建売住宅の場合には、品質よりも発注業務や職人の段取りがメインの仕事になる現場監督や職人も建売住宅は数をこなす必要があるので、良い家を建てるより早く家を建てる事に意識をして仕事をする傾向があります。
基本的に現場を見に来る施主もいない事や壁をふさげば中は見える事はないのです。
価格はリーズナブルに抑えられますが、質を考えるとあまり良くない住宅が建売住宅なのです。
それでも新築の建売は、問題なく住む事が出来ますし、瑕疵保証もついているので特に気にする必要はないでしょう。
価格が安いがそれなりの品質と言う事は建売住宅を建てる上では理解しておきましょう。
注文住宅の場合には、品質が悪くクレームになると業者としても死活問題になるので、一定以上の品質は保たれていると言えます。
注文住宅の特徴としては、施工中に職人と施工主(住宅を買う人)が顔を合わせる事も多いです。
注文住宅の場合は、当然建売住宅よりも高額になる事は間違いないのですが、住宅が長持ちするように施工してくれるので安心してマイホームを建ててくれるのです。


建売住宅と注文住宅どちらが良いか

基本的に建売住宅と注文住宅がどちらが良いかと言う事は一概には言えないので、好みにもよると思います。
金額面なども検討材料には大きく影響すると思いますが、建売住宅と注文住宅では根本的な考え方が大きく異なるので、建物の価格も品質にも大きな差が出ると言えますね。
違いとしては、立地と家の価格品質になるので、どちらが良いかは人それぞれです。
間取りを考えても注文住宅の方が自由度が高く、建売住宅では変更は利きません。
家に自分を合わせるか家を自分に合わせるのかになりますので、しっかりと検討する事が大事です。
どちらにせよ後悔しない家作りをする事が大事です。


フッター